1. Home
  2. お土産
  3. 妙高市平丸地区 伝統のスゲ細工づくり(新潟県妙高市)

妙高市平丸地区 伝統のスゲ細工づくり(新潟県妙高市)

2022.12.1

SHARE

来年はぴょんぴょん飛躍!

新潟県妙高市平丸地区に伝わるスゲ細工づくりが本格的に始まり、来年の干支「卯」にあわせて、餅をつくウサギの姿などが作られています。

Still1130_00001餅つきウサギ 1体 18000円(税込)

Still1130_00002ふせウサギ 1体 16000円(税込)

スゲ細工は来年の干支「卯」にあわせて、ウサギを作っています。

Still1130_00003

形は餅をつく姿と座っている姿の2種類があります。スゲ細工づくりは、かつて平丸地区の冬の収入源として行われ、昭和40年代には200人ほどの作り手がいました。現在は高齢化のためNPO法人「平丸スゲ細工保存会」が受け継いでいます。スゲ細工づくりは6月から準備がはじまります。刈り取ったスゲの葉を乾燥させたあと、たたいて繊維状にします。そのあと、9月下旬ごろからNPOのメンバー3人で試作品を作りながらデザインや手順を決め、ようやく本格的な作業に入ります。

平丸スゲ細工保存会 柴野  美佐代  理事長
「まだ十二支を作り終えていない。技術を習得できていない段階。形ができただけでもうれしい難しい所は切りすぎると終わり。イメージより刈りこみすぎると、それに合わせてサイズを変えなければいけない。」

Still1130_00004

ことしのウサギは、以前のものよりふっくらとした形にしてスゲの質感と可愛らしさを表現しました。また、今までにない形として初めて、餅つきウサギを考えました。杵と臼も保存会の手作りです。

平丸スゲ細工保存会 柴野  美佐代  理事長
「注意深くウサギの耳のように情報を入れ、ジャンプしたい時にはジャンプする、そんな飛躍の年になれば。」
Still1130_00005

スゲ細工は、すべて予約生産で70体ほどを作る見込みです。価格は、座っているウサギが1体、16000円。餅つきウサギが、1体、18000円です。いずれも税込で送料と手数料は別です。また、2000円を追加すると地元の市民団体が作ったからむし織りが付きます。柴野さんによりますと、スゲの刈りこみ方や目の位置などで一体一体表情が変わるということです。

Still1130_00000

<予約申し込み>
平丸スゲ細工保存会
■電話:090―3548―7370(柴野さん)
※時間は午前9時から午後8時まで

関連記事
妙高市平丸でスゲ細工づくり 来年は寅パワーで!
伝統工芸品「スゲ細工」干支の丑 購入予約受付中
雪国に育まれた伝統の技 平丸のスゲ細工
民芸品「スゲ細工」の資料館オープン!(新潟県上越市板倉区)