1. Home
  2. グルメ
  3. 佐渡旅!⑨ 京町通りの洋食屋「古民家空間 京町亭」

佐渡旅!⑨ 京町通りの洋食屋「古民家空間 京町亭」

2022.5.11

SHARE

カニがド~ンとのったカレー?! 佐渡の恵みを使った洋食を提供

新潟県佐渡市両津港から車で40分ほど、金銀山が盛んだったころ、相川金銀山から佐渡奉行所まで金を運んでいたメインストリート「京町通り」にある洋食屋「古民家空間 京町亭」。

日本海に面した店内には、テラス席も用意され、雄大な日本海を眺めながら優雅なひと時を過ごすことができます。

古民家をリノベーションした店内は、当時のままの梁が残っていたり、佐渡にゆかりのある石臼をインテリアとして生かしています。石臼は、金銀を製錬する時に使われていました。京町通りの街並みの中にも石臼を使った石垣があるので、通りを歩いていると見つかるかもしれません。

文弥人形

文弥人形

また普段、小上がり席があるスペースでは、佐渡の伝統芸能を色々な方に知ってもらおうと「文弥人形」を展示しています。

京町亭を経営する地元出身の川嶋大地さんです。東京で修業を積んだ後、佐渡で両親と一緒に和・洋食の店を切り盛りしてきましたが、3年前に洋食メインの店として独立しました。

佐渡産魚介のペペロンチーノ 1200円(税込)

地元の方にも、観光の方にも佐渡の魚介を楽しんでもらおうと、提供しているのがこちら。佐渡の魚介をふんだんに使ったペペロンチーノです。イカやサザエがたっぷり入ったスープと麺を絡めて、旬の白身魚のソテーをのせています。ガーリックが効いていて、魚介の旨みとサザエの食感がたまりません。

京町亭のカレー 1400円(税込)

続いては、京町亭に来たら必ず食べたい「京町亭のカレー」。カニがセンターに乗りインパクト抜群。思い出にしてもらいたいと考案したメニューだそうです。自家栽培のご飯は金山の割戸をイメージした盛り付けになっています。カレーのルーは、10種類以上のスパイスをオリジナルでブレンドです。そこに、カニの身やカニ味噌、ホタテなどのシーフードの塩味が加わったここだけの味わい。ごはんの上には、川嶋さんお手製の、カニの甲羅などで作ったカニパウダーでかかっています。

そして甲羅を持ち上げると、中にはカニクリームコロッケが。話題性抜群のカレーです。

佐渡産フルーツを使用した特製パイ 800円(税込)

デザートには、佐渡産の季節のフルーツを使ったパイがおすすめ。

厚みがあり大きなパイは、西三川でとれたリンゴが入っています。サクサクの生地と上品な甘さのリンゴの相性がぴったり。フルーツ大国の佐渡は、季節によっておけさ柿、イチジク、イチゴ、シャインマスカットなどたくさんのフルーツが味わえます。

店主の川嶋大地さん
「佐渡は、魚介など食材が美味しいですし、自然も豊で何度訪れてもいいと思います。佐渡にお越しの際は、京町亭にもぜひ遊びに来てください。」


JCVの生活情報番組「すまいるone」。2月13日~2月19日の放送は佐渡市・佐渡汽船・佐渡テレビ・上越ケーブルビジョンの共同企画の特別編「佐渡旅第2弾!春休みに堪能♪ 島グルメ~前編~」でした。番組は上越妙高タウン情報のプレミアム会員でご視聴いただけます。

【関連記事】
■佐渡旅!① 高速ジェットフォイルで75分の船旅「佐渡汽船」
■佐渡旅!② 驚きと感動の響き 佐渡太鼓体験交流館「たたこう館」
■佐渡旅!③ 歴史的建造物でクラフトコーラ「喜八屋ゴローカフェ」
■佐渡旅!④ レンタサイクルで“宿根木集落”を散策♬
■佐渡旅!⑤ 佐渡の恵みがギュッ 極上おにぎり作り「めおと岩観光」
■佐渡旅!⑥地元のお母ちゃんが作る“幻のたい焼き”「新鮮空間よらんか舎」
■佐渡旅!⑦まるでハリウッド映画⁉魔法メガネでファンタジー体験「アイランド・ミラージュ」
■佐渡旅!特別編  佐渡金銀山絵巻を体験せよ!「めおと岩ドライブイン」
■佐渡旅!特別編 どこを切り取ってもSNS映え!「カフェ日和山・南書店」

古民家空間 京町亭

■営業時間:ランチ11:30~14:00/カフェ14:00~17:00/ディナーは予約制 ■定休日:火・水

住所:新潟県佐渡市相川八百屋町13
電話:0259-67-7538

Google Mapで見る