1. Home
  2. グルメ
  3. 佐渡旅!③ 歴史的建造物でクラフトコーラ「喜八屋ゴローカフェ」(新潟県佐渡市)

佐渡旅!③ 歴史的建造物でクラフトコーラ「喜八屋ゴローカフェ」(新潟県佐渡市)

2021.9.14

SHARE

ノスタルジックな店内で佐渡の新名物が味わえる!

佐渡市の小木港から歩いて7分ほど、街中の一角にたたずむ「喜八屋ゴローカフェ」。実はこの店、ただのカフェじゃないんです。実は由緒ある歴史的建造物で、国の有形登録文化財に指定されているんです。

元々は明治時代から営まれていた旅館で、いまでも当時の雰囲気が残り、ノスタルジックな空間が広がっています。

建物は木造5階建てですが、カフェとして一般開放されているのは、1階部分のみ。店内には旅館当時の名残で、昔の電話ボックスや、4階と5階にお膳を運ぶために使われた手動のエレベーターなどが残っています。

昔の電話ボックス

手動式のエレベーター

通常、見学できるのは1階部分のみですが、今回は特別に上の階も案内してもらいました。

もともとこの建物は2階建てでしたが、昭和4年に3~5階部分を増築しました。その時、2階の建物の上にそのまま増築したので、2階の屋根が建物の中に残っているんです。

これは“こば葺”といって、昔は瓦が高価だったため、木の板を屋根にのせていました。

以前は2階から景勝地の矢島・経島が見えていましたが、周りの建物が高くなり、景色が見えなくなったので3~5階を増築し、4、5階を客間にしたということです。

建物の歴史を学んだ後は、さっそく小腹を満たしましょう。

フライングフィッシュサラダピザ 760円(税込)

店主のおすすめは、佐渡のソウルフードを使った「フライングフィッシュサラダピザ」です。ピザ生地、新鮮なたっぷりサラダの上に、佐渡のソウルフードである「トビウオのすり身」がのっています。

佐渡ではトビウオはかなりポピュラーな食材。すり身をつみれにしてお味噌汁の具にするのが定番ですが……

ピザでは、そのすり身を薄くのばしてパリパリに焼いて、ピザにトッピングしています。もっちもちの生地との相性は抜群。生地はもちろん、味の決め手となるマヨネーズベースの酸味を抑えたドレッシングやスイートチリソースなど、すべて自家製です。

小木クラフトコーラ 500円(税込)

続いてのオススメは話題のクラフトコーラ。小木地区で採れた草木を使ったこだわりの「小木クラフトコーラ」です。


甘みはちょっと控えめですが、自然食材を使った体に優しい味わい。でも味はコーラ!?隠し味に鷹の爪やショウガ、レモンなどを使い、スパイシーでヘルシーなドリンクに。

なんとも不思議な味わいが、老若男女に大人気だそうです。

バケットトースト 360円(税込)

最後は絶品スイーツ『バケットトースト』ご紹介。佐渡で人気のパン店が手がけるバケットの上には、佐渡乳業の生クリーム、ヨーグルトを使って作る自家製サワークリーム、佐渡で採れる季節のフルーツで作った特製ソースがたっぷり。今回は、羽茂地区で採れたいちごのソースをトッピング。カリカリのトーストに甘酸っぱいいちごソースが相性抜群です。小木クラフトコーラと一緒に是非。


JCVの生活情報番組「すまいるone」。9月5日~9月11日の放送は佐渡市・佐渡汽船・佐渡テレビ・上越ケーブルビジョン共同企画の特別編「佐渡旅!~前編~」でした。アフターコロナに向けて、佐渡の魅力満載でお届けします!

※番組は上越妙高タウン情報のプレミアム会員でご視聴いただけます。

【関連記事】
佐渡旅!① 高速ジェットフォイルで75分の船旅「佐渡汽船」(新潟県佐渡市)
佐渡旅!② 驚きと感動の響き 佐渡太鼓体験交流館「たたこう館」(新潟県佐渡市)
佐渡旅!④ レンタサイクルで“宿根木集落”を散策♬(新潟県佐渡市)
佐渡旅!⑤ 佐渡の恵みがギュッ 極上おにぎり作り「めおと岩観光」(新潟県佐渡市)
佐渡旅!⑥ 地元のお母ちゃんが作る“幻のたい焼き”「新鮮空間よらんか舎」(新潟県佐渡市)
佐渡旅!⑦ まるでハリウッド映画⁉魔法メガネでファンタジー体験「アイランド・ミラージュ」(新潟県佐渡市)

喜八屋ゴローカフェ

■営業時間:10:30~17:00 ■定休日:月・火曜日、不定休あり

住所:新潟県佐渡市小木町56-1
電話:090-1031-7835

Google Mapで見る