1. Home
  2. 見どころ
  3. 今年もマゼランペンギンのヒナ誕生!(上越市立水族博物館うみがたり)

今年もマゼランペンギンのヒナ誕生!(上越市立水族博物館うみがたり)

2021.6.10

SHARE

マゼランペンギン飼育数日本一!131羽になりました

新潟県上越市にある市立水族博物館うみがたりで、マゼランペンギンが繁殖シーズンを迎えヒナが続々と誕生しています。9日までに8羽が生まれ、親の子育てする様子を見ることができます。

Still0610_00000

生後一週間のヒナ

 ふ化は5月20日から始まり、9日までに8羽のヒナが生まれました。子育てに追われる親ペンギンの姿も見ることができます。 

Still0610_00001

今年は全国的な鳥インフルエンザの感染拡大があり、すべてのマゼランペンギンがバックヤードに避難していました。その影響で例年より1か月ほど遅れての繁殖シーズンとなりました。

Still0610_00003

うみがたりの勝平祐花さんは、「繁殖の時期は遅れたが、例年と同じ割合のヒナがふ化している。親のお腹の下にいてエサをもらっているので、エサをねだって鳴いていたり、眠っていたり、一生懸命小さい体で動こうとしている姿がかわいらしい。今しか見ることができないヒナの様子を見てほしい」と話していました。

Still0610_00005

生まれたばかりのヒナは綿羽と呼ばれるフワフワした羽に覆われています。しばらくは巣穴のなかで過ごしますが、1か月ほど経つと外へ出るようになり、2か月後には、綿羽が大人の羽に生え替わって、泳ぎ始めるということです。

うみがたりのマゼランペンギンは、今回生まれたヒナを含めて131羽になり、国内最多の飼育数となっています。

上越市立水族博物館 うみがたり

住所:新潟県上越市五智2-15-15
電話:025-543-2449
アクセス:<車>北陸自動車道「上越IC」から約10分
URL:http://www.umigatari.jp/joetsu/

Google Mapで見るWebサイトを開く