1. Home
  2. 見どころ
  3. 激レア個体!黄金色の「オニオコゼ」展示(上越市立水族博物館うみがたり)

激レア個体!黄金色の「オニオコゼ」展示(上越市立水族博物館うみがたり)

2021.4.27

SHARE

幸せの黄色いオニオコゼ!

新潟県上越市にある立水族博物館「うみがたり」に、黄金色の珍しい「オニオコゼ」が今月27日(火)から展示されています。

 黄金色の「オニオコゼ」 体長25センチ

これが展示されている黄金色の「オニオコゼ」です。地元の有間川漁港の関係者が捕獲し、うみがたりに連絡がありました。

通常個体の「オニオコゼ」

オニオコゼは水深200mよりも浅い砂泥底に生息しています。上越近海でもよく見られる魚で、岩礁に擬態するため通常の体色は褐色です。この個体は、全身が白くなるアルビノ(白変種)のように遺伝子の突然変異で黄色(黄変種)になったと考えられていますが、詳しい原因はわかっていません。

うみがたりで、全身金色の個体が展示されるのは初めてだということです。

担当者は「自然界では外敵に見つかりやすい色のため、生き抜くのが難しい中、様々な苦難を乗り越えて成長したオニオコゼ。非常に珍しく、発色が美しい姿をぜひご覧ください」と話しています。

オニオコゼは「うみがたり」の2階 私たちと日本海水槽内に展示されています。

上越市立水族博物館 うみがたり

住所:新潟県上越市五智2-15-15
電話:025-543-2449
アクセス:<車>北陸自動車道「上越IC」から約10分
URL:http://www.umigatari.jp/joetsu/

Google Mapで見るWebサイトを開く