1. Home
  2. グルメ
  3. 三和区北代の宮沢栗農園 今年も「焼栗」販売中!(新潟県上越市)

三和区北代の宮沢栗農園 今年も「焼栗」販売中!(新潟県上越市)

2022.10.1

SHARE

ほくほく秋の味覚 !

新潟県上越市三和区北代にある宮沢栗農園で、今年も「焼栗」の販売が始まっています。

Still0924_00002 (1)

宮沢栗農園では、2.6ヘクタールの畑で栗の木18品種、およそ900本を栽培しています。毎年9月中旬から販売しているのが、この「焼栗」です。

Still0924_00001 (1)

圧力鍋で15分ほど蒸し焼きにすることで、水分をとばし、甘みがぎゅっと凝縮されています。材料の栗は、収穫後0℃に冷やして1か月ほど熟成させました。そうすることで、糖度が3倍近くになるということです。

Still0924_00003 (1)

今年は天候不順と日照不足の影響で栗の収量が少なく、焼くことができない大粒のものが多くなっています。農園の宮沢和一代表は「生栗で販売するには大きい方が良いが、焼くには芯が残り難しい。味でみても、栗は焼栗サイズが一番おいしい」と話しています。

それでも、ほくほくで実離れの良い焼栗は大人気。この日も、市内外から多くの人がひっきりなしに訪れていました。

柏崎市から来た人
「毎年食べていて、秋を感じる。ほくほくでおいしい」

市内から来た人
「実家が和菓子屋で、おいしいと噂のここの栗に興味があった。北代の栗はもうブランド物。これを使って何か商品を作りたいと考えている」

Still0924_00004 (1)

現在店頭に並んでいるのは、早生栗の「ぽろすけ」と「人丸」です。このあと10月中旬頃からは、甘みが強くしっとりとした農園のブランド栗「謙信甘栗」も販売される予定です。

宮沢和一 代表
「焼栗が出るこのシーズンを待っていて、一週間に何度も買い求めてもらえるのがありがたい。徐々にお客さんも増え、『熟成』というのがやっと地域の皆さんに分かってもらえるようになった。謙信甘栗を上越ブランドとして広めることが私の夢。ぜひシーズン中に食べに来てもらえれば」

Still0924_00005 (2)

焼栗は、一袋200グラムで税込み600円です。営業時間は、午前9時から午後3時までで、なくなり次第終了となります。販売は例年11月中旬頃までです。(月・火曜日は定休)

また生栗も販売されていて、500グラム600円、1キロ1200円です。

宮沢栗農園

■期間:11月中旬

住所:新潟県上越市三和区北代1069
電話:025-532-2306
アクセス:<車>北陸自動車道「上越IC」から約15分
URL:http://www.miyazawakurinoen.sakura.ne.jp/

Google Mapで見るWebサイトを開く