1. Home
  2. 見どころ
  3. 春爛漫!カタクリ咲き誇る(妙高市斐太歴史の里)

春爛漫!カタクリ咲き誇る(妙高市斐太歴史の里)

2022.4.12

SHARE

里山を彩る春の妖精 群生地が見頃です!

Still0411_00004

新潟県妙高市宮内にある「斐太歴史の里」でカタクリが見頃を迎えています。北陸新幹線上越妙高駅から車でおよそ15分で到着する山野草の宝庫で、カタクリの群生地として知られています。

Still0411_00002

 カタクリはその可憐な姿から「春の妖精」と呼ばれています。古墳群や史跡などがある斐太歴史の里には、群生地がいくつもあり、いまは総合案内所や鮫ヶ尾城の本丸跡周辺で見ごろをむかえています。

Still0411_00003

11日(月)は、カメラを手にした人が次々訪れ、盛んにシャッターを切っていました。

湯沢から
「間近に見られて、写真も撮らせてくれる。毎年来ています」

愛媛から
「去年鮫ヶ尾城に来た時カタクリがきれいに咲くと教えてもらった。来た甲斐がありました」

 Still0411_00001

カタクリの保護などにあたっている斐太史跡里保存会によりますと、今年は雪消えが遅かったものの、開花の時期は例年並みだということです。

保存会の髙橋昇会長は「ところどころ群生しているところが魅力。サクラと違って一斉に咲かない。雪が消えたところから順番に出てくる。いまが見ごろ」と話していました。

花のピークは、総合案内所と北側にある観音平古墳群の周辺が今週末、南側にある天神堂古墳群の周辺が来週末になると見られています。

遅い所では、大型連休過ぎまで楽しめるということです。

Still0411_00000

保存会の髙橋会長は「カタクリに限らず貴重な植物が多い。盗掘しないよう、踏み荒らさないようにしてほしい。」と呼びかけていました。

斐太歴史の里では、今月23日(土)に鮫ヶ尾城やカタクリの群生地をめぐるツアーが開かれます。詳しくは斐太歴史の里総合案内所までどうぞ。

斐太歴史の里

管理棟の営業は4月~11月

住所:新潟県妙高市大字宮内263-1
電話:0255-72-0697
アクセス:<車>北陸新幹線 上越妙高駅から15分
URL:https://ameblo.jp/hidarekishinosato/

Google Mapで見るWebサイトを開く