1. Home
  2. お土産
  3. フランス開催の日本酒コンクール 「越路乃紅梅」と「かたふね」が受賞!(新潟県上越市)

フランス開催の日本酒コンクール 「越路乃紅梅」と「かたふね」が受賞!(新潟県上越市)

2021.8.13

SHARE

トップソムリエたちが選ぶフランスの日本酒コンクール「Kura Master」で快挙!

今年7月にフランスで開催された日本酒コンクール「Kura Master」で、新潟県上越市柿崎区の蔵元「頚城酒造」がプラチナ賞と金賞、同じく上越市大潟区の蔵元「竹田酒造店」が金賞を受賞しました。

「Kura Master」はフランスで開催されるフランス人のための日本酒コンクールです。フランス人を中心に、ヨーロッパのトップソムリエや飲食業界のプロたちが審査します。コンクールはこれが5回目。今年度は純米大吟醸酒部門、純米酒部門、サケスパークリング部門、米品種 五百万石部門、米品種 美山錦部門の5つのカテゴリーに、過去最多の312蔵から960点が出品されました。その中からプラチナ賞104点、金賞212点が選ばれました。

<プラチナ賞>
米品種 五百万石部門 頚城酒造「越路乃紅梅 純米」

<金賞>
純米酒部門 頚城酒造「越路乃紅梅 純米吟醸」
純米大吟醸部門 竹田酒造店「かたふね 純米大吟醸」


 

【頚城酒造】

米品種 五百万石部門 プラチナ賞/越路乃紅梅 純米
1800ミリリットル 2640円
720ミリリットル 1375円

五百万石の米のふくよかな旨みを生かしつつ、後口のキレと酸味が特徴。ボリュームのある味わいが広く喜ばれています。

 

純米酒部門 金賞/越路乃紅梅 純米吟醸
1800ミリリットル 3135円
720ミリリットル 1650円

契約農家で栽培した八反錦を原料に、よりクリアで上品な香りや旨みを追求した純米吟醸酒です。

頚城酒造 代表取締役の八木崇博さんは「2017年と2020年に2度金賞を受賞していますが、プラチナ賞を受賞したのは今回が初めて。プラチナ賞を受賞できてうれしい。プラチナ賞の中から選ばれるさらに上の賞があるので、そこを目指して技術を磨き、さらに挑戦していこうと思います」と話しています。

■問い合わせ:TEL025-536-2329(頚城酒造株式会社)
■ホームページ:https://www.kubiki-shuzo.co.jp/


 

【竹田酒造店】

純米大吟醸部門 金賞/かたふね 純米大吟醸
1800ミリリットル 6600円
720ミリリットル 3300円

新潟で生まれた酒米「越淡麗」を使用。グラスに注ぐと香りが実に華やかで、口に含むと丸みのある芳醇な香りや米の旨み、華やかな味わいが広がります。さらに、やわらかな甘さとスッキリとした後口が特徴です。

竹田酒造店はKura Masterに初出品で、金賞受賞となりました。

受賞の報告を受け、社長杜氏で九代目蔵元の竹田成典さんは「世の中の流行りは“香りがしっかりとある日本酒”ですが、弊社では“かたふねらしさを大切にしたい”という思いから、香りを強く出しすぎない酵母を使い続けています。総合的な味わいを評価してもらえて大変ありがたいです」と話しています。

また、十代目蔵元の竹田春毅さんは「ワインの本場フランスのソムリエたちに味を評価されて非常に光栄に思います。フランスにもわずかながら輸出を行っているので、フランスの方にも知ってもらえたらうれしいです」とコメントしています。

■問い合わせ:TEL025-534-2320(合資会社 竹田酒造店)
■ホームページ:https://www.katafune.jp/