1. Home
  2. 歴史
  3. 雪国が育んだ「バテンレース」の継承と発信 地域おこし協力隊募集!(新潟県上越市)

雪国が育んだ「バテンレース」の継承と発信 地域おこし協力隊募集!(新潟県上越市)

2021.3.2

SHARE

高田に移住して、町に息づく歴史や技術を未来に伝えていきませんか?

新潟県上越市は、雪国高田の風土産業「バテンレース」の技術を継承し、発信する役割を担う地域おこし協力隊を募集しています。

バテンレースとは、糸を幅1センチほどのテープ状に編んだ「ブレード」と呼ばれる縁飾りで図柄の輪郭を描き、その内側にかがり縫いで模様を施すレース製品です。雪国上越市の高田では、今から100年ほど前、長く厳しい冬に家の中でできる仕事として、バテンレースが盛んに作られていました。

その後、バテンレースは全国各地で生産されてきましたが、現在まで産業として生き続けてきた産地は高田だけです。しかし、高田でも企業や職人が年々減少し、今では材料となるブレードの生産からデザイン、製品まで一貫して製作する事業者は1社のみとなりました。

日本のバテンレースが途絶えてしまう前に、技術を継承し、魅力を発信したい!

そこで上越市は、日本のバテンレースが途絶えてしまう前に、雪国が育んだ100年産業であるバテンレースの技術を継承し、発信を担う地域おこし協力隊を広く募集することになりました。

地域おこし協力隊は、高田を代表する町家建築の「旧今井染物屋」を拠点に活動します。バテンレース事業者から手仕事の技術を習得し、実演・体験教室の開催、作品展示など工房として運営していきながら、SNSなどで市内外へ情報発信します。

任用期間は採用日から令和4年3月31日(初年度)までで、初年度終了日以降は1年単位で更新(最長3年間)。応募条件は、採用後に都市地域など(過疎、山村、離島、半島などの地域に該当しない市町村)から上越市に住民票を異動し、生活の拠点を移すことができる人で、募集人数は1人です。応募締切は4月6日(火)必着です。

上越市企画政策部文化振興課の今井副課長は「この町に息づく歴史を受け継ぎ、守り、未来へ伝えていく意欲のある方、私たちの思いや地域の期待を踏まえ、次代へつないでいく意思のある方にぜひ応募していただきたいです。皆さんからの応募をお待ちしております」と話しています。

詳しい募集内容や応募方法は、上越市文化振興課までお問い合わせください。
⇒ https://www.city.joetsu.niigata.jp/soshiki/bunka/kyouryokutai.html

地域おこし協力隊募集
■応募締切:4月6日(火)
■問合せ:上越市企画政策部 文化振興課 ℡025-526-6903