1. Home
  2. 見どころ
  3. ガラスの造形作家「藤田喬平」作品展 23日(日)まで

ガラスの造形作家「藤田喬平」作品展 23日(日)まで

2020.8.22

SHARE

日本の伝統的な美意識を表現

ガラスの造形作家、藤田喬平の作品展が、新潟県上越市本町にあるギャラリー祥で開かれています。

Still0819_00000

藤田喬平は、日本のガラス美術を代表する作家で、造形作家として初めて文化勲章を受章しました。会場には藤田喬平の代表作である飾箱や花瓶など、25点が展示されています。

Still0819_00005

Still0819_00003これは飾箱。「型吹き」という藤田独自の手法で、熱して膨らませた色ガラスにガラスの粒や金箔をつけ、金属の枠に吹き込んで作られています。どの作品も、古典や四季を題材に、日本の伝統的な美意識を表現しています。


Still0819_00004

ギャラリー祥の大滝みさとさんは「今年は梅雨が長かったので、ガラスの作品で夏らしさを感じてもらえたら」と話しています。また、ギャラリーの2階では、藤田喬平の息子である藤田潤さんの作品や、ガラス食器も展示されています。

Still0819_00006

ギャラリー祥

営業時間:10:30~18:00 定休日:月曜日

住所:新潟県上越市本町5丁目2−2
電話:025‐522‐8778
アクセス:えちごトキめき鉄道 高田駅から徒歩5分

Google Mapで見る