1. Home
  2. お土産
  3. 頚城酒造「八恵久比岐」シリーズ5番目 「土 DAICHI」発売(上越市柿崎区)

頚城酒造「八恵久比岐」シリーズ5番目 「土 DAICHI」発売(上越市柿崎区)

2020.7.8

SHARE

柿崎の大地を味わって!

新潟県上越市の頚城酒造が、地元柿崎区を8つの味わいで表現する酒シリーズ「八恵久比岐(はっけいくびき)」で、5番目となる「土 DAICHI」を発売しました。

200707_八恵くびき

八恵久比岐「土 DAICHI」は原料に柿崎で契約栽培された酒米、五百万石を100%使用しています。仕込み水は尾神岳の大出口泉水を使っています。

このシリーズは頚城酒造が地元柿崎を8つのイメージの酒で表現しようと6年前に始めました。これまでに大吟醸の「空」、純米大吟醸の「風」、雪室熟成純米吟醸の「雪」、純米吟醸雫酒の「陽」の4種類が販売されています。吟醸タイプが主だったのに対し、5番目となる「土 DAICHI」は純米酒です。

Still0707_00005 (1)
精米率はあえて公表せず、名前の通り柿崎の大地、根幹というイメージで味わってもらいたい酒。蔵元の八木崇博 代表取締役は「八恵久比岐のレギュラー酒を作りたかった。食中酒として幅広く活きるように旨みを大事に後味はキレる。焼き鳥のタレでも受け止める淡白な白身魚の刺身でも合わせて楽しめる」と話しています。

Still0707_00001 (1)

さらにこだわっているのが酒の取り扱い店。八恵久比岐は県内9つの特約酒専門店のみで販売しています。いずれも商品の管理で蔵元と信頼関係があり、酒のブランド力を高めることができるといいます。

上越市内では春日新田1の「まいど屋」、大町4の「大山酒店」、三和区下中の「地酒の店かじや」の3店舗。八恵久比岐「土 DAICHI」は1.8Lが2,000円、720mlが1,200円(税別)。

Still0707_00003 (2)「まいど屋」の杉田彰代表取締役は「一升瓶で2,000円ということでシリーズの中ではコストパフォーマンスが非常に高い。県内外の人にここでしか買えない酒として紹介するが、このシリーズはほぼリピートで売れて評判が良い。地元を代表するブランドとして育て上げるのが酒屋の仕事」と太鼓判を押しています。

Still0707_00004 (1)

八木さんは新型コロナの影響で日本酒の出荷が鈍っていると話したうえで、今回の「土 DAICHI」をシリーズの基盤として、今後の展開に掛けたいとしています。「この『土 DAICHI』を飲んで柿崎の大地の恵みを感じてもらいたい。8種類早く飲みたいと言ってくれる応援者が増えるよう頑張りたい」と未開発の残り3種の製造に意欲を見せています。

頚城酒造

営業時間:8:30〜17:30

住所: 〒949-3216 新潟県上越市柿崎区柿崎5765番地
電話:025-536-2329
URL:https://www.kubiki-shuzo.co.jp/

Google Mapで見るWebサイトを開く

RELATED ARTICLES関連記事