1. Home
  2. 歴史
  3. 年の瀬 サメの競り 市場に威勢のよい掛け声!(新潟県上越市)

年の瀬 サメの競り 市場に威勢のよい掛け声!(新潟県上越市)

2022.12.27

SHARE

上越のお正月といえば“サメ”

Still1227_00007

 

正月料理に欠かせないふるさとの食材「サメ」の競りが今朝、一印上越魚市場で行われ、威勢のよい掛け声が響き渡りました。

Still1227_00003

 今朝7時過ぎ、市場にはモウカザメ18本、およそ1300キロほどが並びました。どれも宮城県気仙沼漁港で水揚げされたものです。1本50キロから大きいものは80キロあります。

Still1227_00005買い手
「鮮度はいい、血も出ているので色もいい。すぐ店頭に並ぶ」

Still1227_00006

一印上越魚市場 尾﨑徹 社長
「これを見ると年末が来たなという感じ。今年はオス中心で魚体も大きい、身がしまっている感じでおいしいと思う」

Still1227_00002

上越のサメを食べる習慣は江戸時代にはじまりました。サメの肉は保存がきいたことから、高田地区や山間地で郷土食として欠かせないものでした。

Still1227_00001

栄養面でもローカロリー、高タンパク質ということで、市内の小中学校では給食にフライなどが提供されています。

Still1227_00009

料理研究家 井部真理さん
「サメの食文化を研究、今年も風物詩(サメ競り)取材に来た。ムニエルやサメカツなど手軽に食べられる。江戸時代から庶民が食べてきたので継承してほしい」

Still1227_00008

市場の尾﨑社長によりますと、今年は燃料高騰などでサメの値段も2割ほど高く、1キロあたり1500円から2000円。一番は胴回り部分で3000円でした。