1. Home
  2. 見どころ
  3. 冬の風物詩 上越市大町5丁目でダイコン干し始まる(新潟県上越市)

冬の風物詩 上越市大町5丁目でダイコン干し始まる(新潟県上越市)

2022.12.12

SHARE

新潟県上越市の冬の風物詩、雁木の大根干しが上越市大町5丁目で始まりました。

Still1208_00001

ダイコンが干されているのは大町5丁目にある雁木2か所です。短冊切りされたダイコン60本が冬の冷たい風にさらされています。

Still1208_00002

大根干しに取り組んだのは、大町5丁目や本町6丁目などの地元住民でつくるNPO法人「街なみFocus」です。雁木を活用した町づくり活動として、10年以上前から続けられてきました。

Still1208_00003 (1)

ダイコンの下ごしらえは今月4日(日)に住民や上越教育大学の学生など18人が参加して、ダイコンの皮をむき、15センチほどの長さに切りそろえたあと麻縄で縛って作りました。

街なみFocus  髙野恒男  理事
「上越教育大学の学生が参加し、にぎやかに作業を行った。去年よりダイコンを10本増やし60本にした。距離も延びたので楽しんでもらえれば」

Still1208_00000

ダイコンは干すことで甘みが増し食感もよくなります。年明け1月10日まで干したあと、作業を手伝った人に配られて、漬け物や煮物などになるということです。街なみフォーカスでは、高田ならではの風景として正月の帰省客などにもダイコン干しを楽しんでほしいと話しています。

街なみFocus   髙野恒男 理事
「日ごとにダイコンの状況も変わるので景観も変わると思う。冬の風物詩として雁木があるからこそできること。この時期しかこの景観は見られないので、多くの人に見てもらい雁木を歩きながら、また外から眺めて雁木は良いなと理解してもらえれば」

<関連記事>
・江戸時代の町家「旧今井染物屋」手仕事文化体験施設としてリニューアル

旧今井染物屋

※入場無料 営業:午前10時~午後5時まで 定休日:月

住所: 新潟県上越市大町 5丁目5番7号
電話: 上越市文化振興課 025-526-6903
アクセス: <車>北陸自動車道 上越高田ICから10分
URL: https://www.city.joetsu.niigata.jp/soshiki/bunka/rekishi-keikan-house-imai.html

Google Mapで見るWebサイトを開く