1. Home
  2. 見どころ
  3. マゼランペンギン ベビーラッシュ!(上越市立水族博物館うみがたり)

マゼランペンギン ベビーラッシュ!(上越市立水族博物館うみがたり)

2020.6.12

SHARE

今だけのカワイ~をぜひ!

新潟県上越市にある水族博物館「うみがたり」で、マゼランペンギンのベビーラッシュが続き、6月9日現在、15羽のヒナがすくすくと育っています。Still0609_00001

うみがたりのマゼランペンギンは3月から繁殖シーズンに入りました。うまれた卵は83個、ふ化は4月21日からはじまり、5月25日には15羽となりました。

今の時期は、生まれたてのヒナや巣から出始めたヒナなど、様々な成長段階を見ることができます。ヒナの親は、オスとメスが交替しながら、巣穴で世話をします。エサは親ペンギンが吐き戻して与えています。
Still0609_00008

水族館に訪れた人は「この時期はかわいい。もっといっぱ巣穴から出てきてほしい」と話していました。

  Still0609_00004

今回生まれたヒナを含めるとマゼランペンギンの飼育数は133羽となり、国内最多です。

昨年10月に、国内で初めてとなるマゼランペンギンの「生息域外重要繁殖地」に指定されたうみがたり。ペンギン飼育担当の北澤安莉さんは「今年は双子のヒナもいる。エサをねだったり寝ている姿など様々な姿がみられる。ヒナの成長を見届けるこの時期に、ぜひ足を運んでほしい」と話しています。

水族博物館ではツイッターやインスタグラムなどのSNSで生き物の様子を発信しています。ペンギンのヒナの様子もぜひご覧ください。

Still0609_00002

上越市立水族博物館うみがたり

住所:上越市五智2-15-15
電話:025-543-2449
アクセス:<車>北陸自動車道 上越ICから10分 <電車>直江津駅から徒歩15分
URL:http://www.umigatari.jp/joetsu/index.html

Google Mapで見るWebサイトを開く

上越市立水族博物館うみがたり

RELATED ARTICLES関連記事