1. Home
  2. アクティビティ
  3. キャンプ場ガイド~海谷山峡パーク~(糸魚川市御前山)

キャンプ場ガイド~海谷山峡パーク~(糸魚川市御前山)

2022.7.4

SHARE

近年大ブームのキャンプに注目し、上越地域周辺で営業しているキャンプ場を総力取材。各キャンプ場の詳しい情報はもちろん、編集部おすすめの立ち寄りスポットなどを掲載。家族でワイワイ楽しむのも良し、ソロキャンプで自分時間を満喫するのも良し。大自然の中へ遊びに出かけてみませんか?

登山や渓谷トレッキングの玄関口!

北陸自動車道「糸魚川IC」から車で40分ほど。国道8号線ヒスイ海岸の押上西交差点を山側へ、上町屋釜沢糸魚川線を18キロほど上がった山中にある、海谷山峡(うみだにさんきょう)パークキャンプ場です。

標高700メートルほどに位置するこのキャンプ場は、駒ケ岳登山や、越後の上高地とも呼ばれる海谷渓谷への入り口として知られています。

展望デッキ

訪れる人を圧倒する千丈ケ岳の岩壁

キャンプ場にある展望デッキからは、千丈ケ岳の絶壁が目の前に広がり、まるで別世界。秘境にやって来たかのような気分が味わえます。

海谷は、俳優の緒方拳が出演しカンヌ映画祭でグランプリを獲得した「楢山節考」のロケ地になった場所でも有名で、展望台には当時のロケの様子を紹介したパネルが展示されています。

キャンプサイト(右:三角小屋が管理棟、中央:三角小屋が炊事棟、左:小屋がトイレ)

キャンプ場は糸魚川市が管理しており、無料で使用できます。第1駐車場のすぐ隣がキャンプサイトになっています。営業時間などの設定もなく、出入りは自由にできます。

ただし2022年6月現在、キャンプ場へ向かう県道221号(来海沢~市野々)が夜間通行止めの規制があるので注意が必要です(午後6時~翌朝7時まで通行止め)。※根知地区からキャンプ場へ向かう道のりに規制はありません。

 左:炊事場 右:トイレ

キャンプサイトから高台に上がると、炊事場とトイレが完備されています。このエリアにテントを設営することはできません。

炊事場

トイレ

キャンプ場から海谷渓谷に抜けるには谷へと下り、山道を1時間ほど歩きます。谷は雨で急激に水かさが増すことがあるので十分に注意が必要です。またキャンプ場はスマートフォンの電波が届きますが、海谷渓谷は届きません。ご注意ください。

 

編集部おすすめ 立ち寄りスポット

石のまち糸魚川に訪れたらフォッサマグナミュージアムなど、糸魚川ジオサイト巡りがおすすめ。

フォッサマグナミュージアム

車で30分ほど移動すると、石の博物館「フォッサマグナミュージアム」があります。糸魚川を代表する美しい鉱物「ヒスイ」や日本列島が誕生した際の大地の裂け目「フォッサマグナ」などをはじめ、自然環境や資源の恵み、自然災害などについて学べる地球博物館です。

■開館時間:9:00~17:00(16:30最終受付)
■料金:大人500円、高校生以下無料
■ホームページ:https://fmm.geo-itoigawa.com/

 

ヒスイ海岸

キャンプ場から山を下り、海に出ると「ヒスイ海岸」があります。国道8号線沿いの看板が目印です。こちらはヒスイが拾える海岸として知られています。糸魚川の山から、長い年月をかけて海に流されてきた小石が海岸沿いに広がり、休日には釣り人やヒスイ探しを楽しむ人などでにぎわいます。運が良ければヒスイが見つかるかも?! 石の鑑定はフォッサマグナミュージアムへ。

海谷山峡パーク

■営業期間:冬季を除く 営業時間の設定は特になし ■駐車場:第1と第2を合わせて80台 ■料金:無料

住所:新潟県糸魚川市御前山
電話:糸魚川市西海地区公民館 025-552-0268(平日8:30~17:00)
アクセス:〈車〉北陸自動車道「糸魚川IC」から40分ほど
URL:https://www.city.itoigawa.lg.jp/3746.htm

Google Mapで見るWebサイトを開く