1. Home
  2. 見どころ
  3. 氷河期からの生き残り!ミツガシワ見ごろ(上越市大潟区 県立大潟水と森公園)

氷河期からの生き残り!ミツガシワ見ごろ(上越市大潟区 県立大潟水と森公園)

2021.4.26

SHARE

氷河期から生き続ける植物、ミツガシワの花が新潟県上越市大潟区にある、県立大潟水と森公園の鵜ノ池で見ごろを迎えています。

これがミツガシワの花です。県立大潟水と森公園の中にある鵜ノ池で、3月下旬から咲き始めました。ミツガシワは、寒冷地に適した植物で、標高の高い湿原や沼などに生えています。

Still0421_00007

鵜ノ池のような低い所に自生するのはたいへん珍しく、氷河期からの生き残りともいわれています。

Still0421_00003
茎1本にたくさんの花を咲かせています。花はよく見ると白い毛のようなもので覆われています。

公園の散策者は「(ミツガシワは)かわいい花。毎年咲いているがよく育っている。(見ていて)気持ちがいい。気が晴れ晴れする」と話していました。

ミツガシワの花が楽しめるのはあと1週間ほど。

Still0421_00005

シャクナゲ

Still0421_00006

八重桜

このほか、シャクナゲや八重桜も見ごろとなっています。

県立大潟水と森公園

住所:〒949-3103 新潟県上越市大潟区潟町1381
電話:025-534-6190
アクセス:<車>北陸自動車道 柿崎ICから上越方面へ車で10~15分
URL:http://ogata.greenery-niigata.or.jp/

Google Mapで見るWebサイトを開く