1. Home
  2. お土産
  3. 7月5日は高田城開府の日!特別版「御城印」頒布

7月5日は高田城開府の日!特別版「御城印」頒布

2022.7.4

SHARE

7月5日は高田城が完成した日です。高田城開府を記念して、高田城と春日山城の特別版御城印が5日(火)に頒布されます。

7.5 特別版御城印

これが特別版の御城印です。通常は文字色が黒ですが、特別版は金色で記されています。また、特別版には高田城の城地をかたどったスタンプが押印されています。

高田城は徳川家康の六男、松平忠輝の城として現在の新潟県上越市に築城されました。築城にあたっては、江戸幕府が天下普請の助役として、仙台城主の伊達政宗、米沢城主の上杉景勝をはじめとした十三の大名に築城を命じ、7月5日に完成しました。

特別版の頒布は7月5日(火)の午前9時から午後5時までです。価格はいずれも300円(税込)です。頒布場所は、高田城 御城印が上越市立歴史博物館、春日山城 御城印が上越市埋蔵文化財センターです。上越市埋蔵文化財センターは通常休館日ですが、臨時窓口を設置して頒布されます。

昨年度は通常版と特別版あわせておよそ4700枚が頒布されました。御城印の収益金は史跡の修繕や史跡周辺の保全に使われるということです。


高田城(高田城三重櫓)…平成29年3月31日に「続日本100名城」に選定

春日山城…平成23年2月3日に「日本100名城」に選定