1. Home
  2. アクティビティ
  3. キャンプ場ガイド ~清田山キャンプ場(新潟県十日町市清田山)~

キャンプ場ガイド ~清田山キャンプ場(新潟県十日町市清田山)~

2022.6.22

SHARE

近年大ブームのキャンプに注目し、上越地域に続いて十日町市で営業しているキャンプ場も総力取材。各キャンプ場の詳しい情報はもちろん、編集部おすすめの立ち寄りスポットなどを掲載。家族でワイワイ楽しむのも良し、ソロキャンプで自分時間を満喫するのも良し。大自然の中へ遊びに出かけてみませんか?

日本有数の河岸段丘!眺望抜群のキャンプ場は体験メニューも充実

国道117号線から県道284号線を経由して車で15分ほど。津南町にほど近い十日町市の郊外、標高600メートルほどの場所にあるキャンプ場です。

キャンプ場には全35張の3つのテントサイト、5棟のコテージ、AC電源付きの10区画のオートサイトを備えており、アウトドア初心者でも気軽に利用できます。

テントサイト

コテージ

サニタリー棟

清田山キャンプ場はNPO法人GGGが管理しています。場内には売店やシャワー、コインランドリーを備えた管理棟をはじめ、炊事場とトイレを備えたサニタリー棟、それとは別にトイレ棟、2つの炊事場、雄大な景色が楽しめる見晴棟などがあります。もちろん、キャンプ用具のレンタルも充実。フリーWi-Fiを利用することもできます。

同キャンプ場は、サイトからの眺望の良さも魅力のひとつ。眼下に広がる清田山集落の棚田をはじめ、その向こうに見える信濃川と、その支流によって形成された日本一といわれる河岸段丘は見応え抜群です。さらにその先には、新潟と長野県境の山並み、日本海を臨む米山や黒姫山、天気が良ければ妙高山や火打山などの景観が楽しめます。

周辺の環境も春は八重桜、夏は新緑、秋は紅葉と、自然豊かなキャンプ場ならではの四季折々の美しさを体感できます。周辺には遮るものがないため、夜の満天の星空も見どころです。

こちらでは、手びねりの作品を当日焼き上げる七輪陶芸や、薪割り、ヤマメの串打ち&塩焼き、木工クラフト、アスパラガスの収穫、ダウンヒルサイクリング、信濃川ラフティングなど、事前の予約をすれば多彩な体験メニューを楽しむことができます。

清田山キャンプ場

■営業期間:5月~11月上旬(降雪状況により変動) ■駐車場:約50台 ■料金:テントサイト 宿泊利用料(1人1泊)高校生以上 平休日1500円、休前日・夏期2000円、小・中学生 平休日1000円、休前日・夏期1500円 ※オートサイト、コテージは別料金。ホームページをチェックしてください。

住所:新潟県十日町市清田山己1742
電話:080-9415-1501(営業期間中の8:00~17:00)
アクセス:〈車〉関越自動車道「塩沢石打IC」より40分
URL:https://ggghibli.org/camp/seidayama-camp/

Google Mapで見るWebサイトを開く