1. Home
  2. 話題
  3. 大寒の風物詩 妙高市で「トウガラシ」の雪さらし(新潟県妙高市)

大寒の風物詩 妙高市で「トウガラシ」の雪さらし(新潟県妙高市)

2022.1.22

SHARE

今年も白銀に真っ赤なトウガラシが舞いました!

新潟県妙高市で作られる辛味調味料「かんずり」の原料となる、トウガラシを雪にさらす作業が1月20日から始まりました。

雪にさらすのは妙高市特産、かんずりの原料になるトウガラシです。秋に塩漬けしたトウガラシは長さ20センチほどで、3日から4日ほど雪にさらすと、トウガラシの苦みやアクが抜けるということです。

妙高市特産品の辛味調味料「かんずり」

「かんずり」は新潟県妙高市で長く愛されている特産の辛味調味料です。地元産のトウガラシ・こうじ・ユズ・食塩を原材料に、それらを発酵、熟成させることで生まれる、ピリッとした辛さの中に独特の深い旨みを感じさせる、まろやかな味わいが広く喜ばれています。

 

この日さらしたのはおよそ700キロです。雪にさらしたトウガラシは糀、ゆず、塩と混ぜて発酵させます。完成は3年後です。

雪にさらすトウガラシはおよそ2.5トン、作業は2月末まで続きます。

かんずりの東條昭人 社長は「(雪にさらすことで)トウガラシが甘くなったと言われます。アクが抜けた分、食べやすい香辛料になる。この地域の食文化として、かんずりを後世まで残したいと思っています。幅広く多くの世代に知ってもらい、使ってもらいたいですね」と話しています。

2017年撮影 「かんずり」トウガラシの雪さらし

さまざまな料理の味を引き立てる辛味調味料「かんずり」は、雪國商店オンラインショップでも購入ができます。

こちらから⇒ 雪國商店オンラインショップ (yukiguni.shop)

かんずり

営業時間:8:30~17:30/定休日:日曜、祝日

住所:新潟県妙高市西条437-1
電話:0255-72-3813
アクセス:<車>北陸新幹線上越妙高駅から約15分
URL:https://kanzuri.com/

Google Mapで見るWebサイトを開く