1. Home
  2. お土産
  3. 冬の風物詩「川渡もち」あす1日まで販売(新潟県上越市)

冬の風物詩「川渡もち」あす1日まで販売(新潟県上越市)

2021.11.30

SHARE

餅をたべて気合いだ~!

冬の風物詩、上杉謙信ゆかりの川渡もちが上越市高田地区と直江津地区で11月30日と12月1日に販売されています。Still1130_00004

 

宣伝カーが流しているのは川渡もちの歌 

今から460年前の永禄4年、上杉謙信が川中島で武田信玄と戦うその前夜に、兵にモチを配り、士気を高めた由来から川渡もちが生まれました。

Still1130_00005

上越市の高田と直江津地区では、毎年11月30日と12月1日の2日間限定で販売され、無病息災を願って食べる習わしです。

川渡もちは高田と直江津の31店舗で販売されます。こしあんとつぶあんの2種類があり、大きさはどの店も同じですが、あんこの味はそれぞれ異なります。 

Still1130_00007

西城町にある笹川菓子店では、2日間で6000個を作ります。1年で最も忙しいということです。

笹川菓子店
「こしあんが人気」
「やらないとダメ(覚えない)あんこの量、もちの大きさは」

Still1130_00009

店には、朝から川渡もちを買い求める人がつぎつぎ訪れました。

買い物客
「毎年食べている。子どもの頃、川渡もちを朝早く売りに来ていた。食べないと気がすまない」

Still1130_00006
「おいしい。甘さ控えめで。1日1日を(元気に)過ごせれば幸せ」

 

社長の笹川弘文さんは「コロナで色々大変だが、餅を食べて元気を出し、良い年を迎えてほしい」と話していました。

川渡もちは1つ税抜きで120円、あす1日も販売されます。

 

なお、宣伝カーは高田地区を走ってPRするということです。

笹川菓子店

営業時間 8:00~19:00

住所:新潟県上越市西城町3-1-16
電話:025-523-3206

Google Mapで見る